アメカジをこよなく愛する男のブログ

暑い夏におすすめのアメカジスタイルとアメカジウエアを僕が紹介します!

タツキ
WRITER
 
波打ち際
この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

暑い夏ってわざわざオシャレしてまで外に出たくないですよね。僕は尋常じゃなく汗をかくのであまり外には出たくないのですが・・・。

しかし外に出るときはしっかりとアメカジスタイルで出かけます。

そこで僕が夏場に普段しているアメカジスタイルとアメカジウエアを紹介しますのでよければ参考にして頂けたらなと思います。

帽子

夏場に出かけるときは帽子は欠かせません。

髪はセットしなくていいし、何より照りつける日差しから頭を守ってくれます。

また帽子がいいアクセントになり、ファッションとして一つにまとまりアメカジスタイルを更にカッコよく決めることができます。

アーミーハット

アーミーハット4種類

どんなスタイルにも合わせやすいアーミーハットはとても優秀で、汗をかいても洗濯が簡単なので夏場はガンガン被ってます。

ウォバッシュ、デニム、ヘリンボーン、ブラウンダックなど種類もたくさんあり被ってて飽きないです。

夏場外に出るときはほぼアーミーハットを被ってます。

画像のアーミーハットはウォバッシュがバズリクソンズ 、デニムとヘリンボーンとブラウンダックがウエアハウスです。

ワークキャップ

ワークキャップ2種類

ワークキャップも比較的どのスタイルにも合わせやすく洗濯も簡単なのでおすすめです。

僕はデニムとヒッコリーを持ってますが、ヘリンボーンやウォバッシュなんかもカッコいいですね。

画像のデニムワークキャップはトロフィークロージング、ヒッコリーがタフネスです。

キャスケット

キャスケット2種類

ヘンリーネックシャツなど少しクラシックな着こなしをするときはキャスケットがよく合います。

このアップルジャックキャップは本当に被りやすく春夏秋冬問わずオールシーズン使えます。

ウォバッシュの他にコットンコバートやコットンリネンなどもあります。

ヘンリーネックシャツ以外にもワークシャツにベストを合わせるときなどもキャスケットがおすすめです。

画像のアップルジャックキャップはシュガーケーン、もう一つの方がタフネスです。

トップス

夏場は汗もかくのでトップスに何を着るか迷うところです。

洗濯がめんどくさいのは物凄くわかりますが、いつも同じ服ばかりにならないように気をつけましょう。

Tシャツ

WARE HOUSE Tシャツ

やっぱりTシャツは外せません。ガンガン着てガンガン洗いましょう。

クルーネック、ヘンリーネック、リンガー、ボーダー、ポケットT、Tシャツの種類も柄もたくさんあるので飽きないですね。無字のTシャツもシンプルでいい感じです。

画像のTシャツは全てウエアハウスです。

ポロシャツ

WARE HOUSE ポロシャツ

ジーンズやチノによく合うポロシャツもおすすめです。意外とショートパンツにも合ったりします。

くれぐれもポロシャツのタックインと襟を立てるのは避けましょう。

画像のポロシャツはウエアハウスです。

半袖スウェット

ダブルワークス 半袖スウェット

昼間に着るのは少し暑いですが、夜出かけるときはこの半袖スウェットが重宝します。

シルエットがルーズなので帽子やショートパンツとも相性抜群です。

その他アロハシャツやボーリングシャツなども夜少し肌寒いときとかはおすすめです。

画像の半袖スウェットパーカーはダブルワークスです。

五分袖シャツ

五分袖シャツ

皆さんはTシャツを着るとき下に何か着てますか?

僕は乳首が浮くのが嫌なのと汗でベタベタするのが嫌なのでTシャツの下にこの五分袖Tシャツを着てます。

程良いフィット感と五分袖という長くもなく短くもない絶妙な袖丈が気に入ってます。

画像の五分袖シャツはコリンボです。

ボトムス

夏場でもボトムスはしっかりとアメカジスタイルでいきます! 

でも洗濯回数が多くなるのが悩みのタネです・・・。

ジーンズ

WARE HOUSE lot700s

真夏でも僕的にはジーンズは外せません。一年中穿きます。

真夏の穿き方としては膝の真ん中辺りまでガッツリと豪快にロールアップして穿きます。

それだけでかなり涼しくなります。少し太めのゆったりしたジーンズやホワイトジーンズなどがおすすめです。

画像のジーンズはウエアハウスlot700sです。

ショートパンツ

タフネス ショートパンツ

やっぱり夏はショートパンツですね。高確率で活躍してくれます。

おすすめの丈は膝が隠れるか隠れないかくらいの丈がおすすめです。それより少し長くても一回ロールアップして穿くと意外とカッコよく穿けたりします。

もう一つショートパンツを穿くときの注意点としてスネ毛の処理は確実にしておきましょう。

画像のショートカーゴパンツはタフネスです。

オンス(oz)の軽めのパンツ

WARE HOUSE プリズナーパンツ

ジーンズでは暑苦しいと思う方はオンスの軽めなチノなどのパンツがおすすめです。涼しくスッキリ穿けます。

画像のプリズナーパンツはウエアハウスです。

シューズ

夏のシューズといえばサンダルとスニーカーです。

そこで僕が夏によく履くサンダルとスニーカーを紹介したいと思います。

サンダル

 

チャコ ウナウィープ

僕が夏によく履くサンダルはこのチャコというブランドのウナウィープというサンダルです。

ソールがビムラム社製で貼り替えることができます。

これ、物凄く履きやすいんです。足を包み込むような感じでフィット感がたまらないです。

ソールも厚く滑りにくいので海や川で大活躍してくれますし、もちろん街中でも履けます。そしてこのウナウィープを履いたまま走れます。

これ履いたら安物のビーチサンダルはもう履けなくなってしまいます。

スニーカー

クッシュマン ローカットスニーカー正面

画像はクッシュマンのローカットスニーカーです。第二次世界大戦時の米軍のトレーニングシューズをローカットにアレンジしたものです。

この無骨な感じがたまらないですね〜。

肝心のは着心地はというと物凄く軽くて履きやすいですね。ソールも厚めで頑丈なので少々の水たまりでもなんてことありません。

個人的にはハイカットの方が好みなんですが、ローカットは涼しく履けるので夏にはおすすめです。

ぜひアンクルソックスと合わせて履いてください。

ワークブーツ

レッドウィング8179と8875

夏の暑いときにワークブーツぅ!?と思うかもしれませんが、実はこのような6インチワークブーツはショートパンツによく合います。

実用性もかなりのもので特にお祭りなど人混みの中を長距離歩いたりするときは本当におすすめです。

足を踏まれてもへっちゃらですよ。

画像のワークブーツはレッドウィングの1997年製の8179と最近購入した8875です。

まとめ

今回は僕が夏場にしているおすすめのアメカジスタイルとアメカジウエアの紹介をさせてもらいましたが、よければ参考にして頂ければと思います。

夏は花火大会などのイベントや海や川に出かける機会も多いんじゃないでしょうか。

そんなときはビシッとアメカジスタイルでキメて出かけましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デニログ , 2018 All Rights Reserved.