アメカジをこよなく愛する男のブログ

【MYSTERY RANCH】HIP MONKEY2(ヒップモンキー2)を使ってみた感想!

タツキ
WRITER
 
ミステリーランチ ヒップモンキー2
この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

こんにちは、タツです。

9月からお祭りの準備が始まり10月からは本格的な準備に移行し、そしてつい先日お祭りを無事終えることができました。

忙しすぎてブログを全然更新することができませんでしたが、今回から再開することになりましたので、またよろしくおねがいします。

今回は普段カバンを持たない僕がミステリーランチのヒップモンキー2というウエストバッグを使用してみた感想などを書いていきたいと思います。

ミステリーランチとは?

Mystery Ranch(ミステリーランチ)は『機能性』『背負い心地』『品質』そして『耐久性』の伝統の基に築かれています。2000年からミリタリー、ハンター、森林消防隊、登山家の為に過酷な現場で本当に使える職人手製のバックパックと荷物運搬システムを作り続けています。米国モンタナ州ボーズマンを拠点にグローバル展開を広げています。

出典:ミステリーランチ/ブランドヒストリー

本当はもっと詳しく説明されているのですが、とても長くなるので、ミステリーランチ公式サイトから一部抜粋、引用しています。

ミステリーランチのヒップモンキー2を選んだ理由

僕は普段カバンなんて使いません。ジーパンの右バックポッケには財布、左バックポッケにはスマホ、右のフロントポッケには車の鍵、左のフロントポッケには小銭入れ、とこれで事足りていたからです。

しかし今年からお祭りの準備など裏方的なことをする「取締」という役に当たってしまい、20人からなる取締全員で揃えたジャージで活動することが多くなり、これはカバンがないと不便ということで今回カバンを購入することになりました。

購入するカバンのポイントとしては至って簡単で、財布、スマホ、車の鍵、小銭入れ、+αぐらいの物が入れば良いのと、たすき掛けができるボディバッグタイプで探すことにしました。

正直最初は大型ディスカウントストアに売っているような安価なボディバッグでもいいや、と思っていましたが、実際手にとって見てみるとあの安っぽい感じがどうにもだめでした。

じゃあどうせ買うなら普段も持てるような少し良いのを買おう、ということでネットで探したところ、値段、カバンの大きさ、たすき掛けができる、高品質、というポイントとすべて合致したのがミステリーランチのヒップモンキー2だったというわけです。

ヒップモンキーとヒップモンキー2の違い

ミステリーランチ ヒップモンキー2

ヒップモンキー2は形としてはウエストバッグになります。基本腰に装着して使用するタイプのバッグです。

しかしたすき掛けでも使用することができます。おそらくほとんどの方はたすき掛けで使用しているんじゃないでしょうか。僕も普段はたすき掛けで使用しています。

そしてヒップモンキー2とほぼ見た目は一緒の「ヒップモンキー」も当然存在します。僕が購入したのは2の方ですが、2ではなくただのヒップモンキーです。

2との違いですが、

ヒップモンキーは米国製でフロントのミステリーランチラベルの下に「Bozeman MT USA」と書かれている。

部品やバッグの素材などが米国製で2よりも若干高級感があり、ミリタリー色も強い。

バッグの中の品質タグに星条旗が描かれていて、バッグ外側のタグには「MADE IN USA」と星条旗が刺繍されている。

と、こんな感じです。

まぁ、よく見れば違いがわかる程度の違いですね。あとヒップモンキーにはカラーが3色しかなく、どれもミリタリーを強く意識したカラーになっていますが、2の方はカラーが豊富にありカジュアル感を強めに意識した感じになっています。ちなみに僕が購入したカラーはダークカーキです。

そして最大の違いですが、ヒップモンキーは税込み¥16200で2の方は¥7560と倍以上の違いがあります。これをどう見るかは人それぞれですが、僕はヒップモンキーよりも2を買う方がメリットがあると思ったので2を購入しました。

ヒップモンキー2の細部を見てみよう!

ヒップモンキー2の容量は8リットルです。これは米国製のヒップモンキーも同様です。

大きさはこんな感じです。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

若干カメラが寄りすぎてわかりにくいので縦、横、奥行きで表すと、縦は約17cm、横は約30cm、奥行きは約10cmでした。ちなみに画像のiPhoneは6Sです。もう買い替え時ですね。

メインのスペースはこんな感じです。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

かなり広くて余裕があります。奥にもファスナーが付いていてそこにも物を入れることができます。

こんな感じですね。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

スマホや財布などがすっぽり入ります。ここに物を入れられるのはかなりありがたいですね。

フロントにはもう一つスペースがあります。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

ここにはハンカチやティッシュなど入れるのに便利です。もちろんスマホや財布も入れることができます。

ちなみにこのスペースにはフックが付いていて車の鍵などを掛けておくことができます。こんなふうに。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

もちろんスペースの中にフックが取り付けてあるので、鍵もスペースの中に収納することができます。これもありがたいですね。

そしてヒップモンキー2後ろ側はこんなふうになっています。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

通気性の良いメッシュ素材になっています。体と密着する部分に不快感はまったくなかったです。

そしてヒップモンキー2の残念な部分ですが、ベルトの長さを調整してもいつの間にかベルトが伸びてしまうんです。たすき掛けをしていてバッグを体から外すときなどによくなるんですよね。

ネットなどでズレなくするような部品が売っているようですが、わざわざ注文するのも面倒くさかったので近くにあった安全ピンでとめてます。

ミステリーランチ ヒップモンキー2

要は安全ピンが見えなきゃ良いんですよ、見えなきゃ。右と左の両サイド安全ピンでとめてます。

あとバックルがカチャッと外せるようになっているんですが、結構固くて力を入れないと外れません。なので僕はバックルで外さずに頭からすっぽり脱ぐような感じでバッグをいつも下ろしています。

と、ヒップモンキー2の細かい部分はこんな感じです。

ヒップモンキー2のまとめ

今までカバンを持たなかった僕ですが、使ってみるとかなり便利で今ではどこに行くのもこのヒップモンキー2を使っています。これは正直購入して良かったと思います。

使いやすさと値段を比較してみてもどちらも満点レベルです。お金に余裕があれば米国製のヒップモンキーも良いと思いますが、値段が倍以上違う割には機能がまったく一緒なのでヒップモンキー2を買った方がコスパ的には良いですね。

ただやっぱり米国製というのはアメカジ好きからするととても魅力的なので悩んでしまうところです。うーん、これはもう好みの問題になってしまいますね。

あと個人的には「ミステリーランチ」という変わったブランド名も大好きです。直訳すると「神秘的な牧場」。名前通りの神秘的で不思議な名前です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デニログ , 2018 All Rights Reserved.