アメカジをこよなく愛する男のブログ

【WARE HOUSE】DD-1003SXX LTD 穿きこみレポートとセカンドウォッシュ!

タツキ
WRITER
 
dd-1003sxx ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

こんにちは、タツです。

ウエアハウスのLot. DD(ダックディガー)1003SXX LTDの穿きこみを開始したのが真夏の8月9日で、それから80日が経過しました。

原則として休日は朝から寝るときまで穿くこととし、平日は仕事が終わってから寝るときまで穿くことにしました。実際は何日かは寝るときも穿いていたりします。とにかく毎日欠かさず穿きました。

本当は1ヶ月目で経年変化報告をするつもりでしたが、特に経年変化が現れているわけでもなく報告することもなかったので、3ヶ月弱経過した今回経年変化の報告と、セカンドウォッシュをすることにしました。

ではまずセカンドウォッシュ前の状態を。

今回は画像が多めです!

DD-1003SXX LTDの80日経過後(セカンドウォッシュ前)

dd-1003sxx ltd

色落ちはまだほとんど進んでませんが、段々と体に馴染んできているのがわかります。腰回り、フロントポケット辺り、腿周り、膝部分、裾部分など経年変化が出始めています。

しかしヒゲはあまり目立っていないですね。

dd-1003sxx ltd

コインポケットにはジッポーのアタリが出ています。フロントポケットも若干色が落ち始めてきました。

座っている体勢が多いのですがヒゲが控えめなのが若干残念です。まだまだこれからですね。

dd-1003sxx ltd

大戦モデルの特徴である月桂樹のトップボタンは早くもサビが出てきました。意外と早く出るものなんですね。

dd-1003sxx ltd

穿き込みを開始してから1回目の洗濯前ということもあり、まだ若干糊が残っていて固いので、ジーンズ全体がすごく立体的です。僕の体の形をそのままにして脱げた、という感じです。

バックポケット部分。

dd-1003sxx ltd

な形状のバックポケットには、まだペンキステッチがしっかりと残っています。

最近ミステリーランチのヒップモンキー2というカバンを持ち始めたので、バックポケットには財布のアタリは出ていません。なのでバックポケットは少し寂しい感じがします。

dd-1003sxx ltd

革パッチ部分は元々エイジング加工が施されていたので、あまり変わった様子はないです。一度オイルを塗ったのですが、少し乾燥した感じはありますね。

dd-1003sxx ltd

太く盛り上がったベルトループはアタリが出てきました。そしてバックヨーク、隠しリベット部分も同様にアタリが出てきています。

赤タブはカン止めされているので丸まらないです。カン止めを解く予定もないので、赤タブはこの先丸まることはないですね。

dd-1003sxx ltd

ハチノスも現在はしっかりと付いていますが、洗濯をするとほぼ消えてしまいそうです。この部分はしっかりと穿きこんで、徐々に定着させていくしかないですね。

dd-1003sxx ltd

dd-1003sxx ltd

やっぱり裾部分も立体的です。パッカリングも少し出てきました。

セカンドウォッシュ前は大体こんな感じです。それでは穿きこみ開始から初めての洗濯をしていきたいと思います!

DD-1003SXX LTDのセカンドウォッシュ!

今回は、前の晩にジーンズを漬けこんで洗っていこうと思います。

前の晩の22時頃に温めのお湯(38度くらい)を張ったバケツにデニムウォッシュプレミアムを入れてジーンズを漬けこみました。

dd-1003sxx ltd

これで一晩漬けこみます。ちなみに揉み洗いなどは一切していません。漬けこむだけです。

はいっ!現在翌朝の7時です。漬けこんだお湯(現在は水)はこんな感じになりました。

dd-1003sxx ltd

かな~り濁っています。糊とインディゴと汚れで濁っていますね。

やっぱり揉み洗いはほとんどせずに、ジャブジャブという感じで濯ぐだけにしました。濯ぎは2回水を入れ替えています。

そしてジーンズを裏返したままネットに入れて洗濯機で脱水しました。脱水後はシワやセルビッジ、スレキなどをきれいに整えて、天日干しにしました。

dd-1003sxx ltd

やっぱり天気の良い日は天日干しがいちばんですねぇ。爽やかな秋晴れの朝に洗濯物を干すと気持ちが良いです。

DD-1003SXX LTDのセカンドウォッシュ後!

乾燥後のDD-1003SXX LTDの姿です。

dd-1003sxx ltd

半日ほど干しました。やはり洗濯前の穿きこんだときのシワはほぼほぼ消えていますが、また穿きこむことで徐々に定着していきます。

dd-1003sxx ltd

ハチノスも同様にまた穿きこむことで徐々に定着していきます。しかし思ってたよりもハチノスは残っていますね。

パッカリングも洗濯前よりも目立ってきた感じがします。

乾燥後、早速穿きこみを開始しました。デニム生地がきゅっと締まった感じがなんとも言えないですね。

DD-1003SXX LTDのまとめ

穿きこみを開始したのが真夏の8月9日だったので、穿きこむのが結構キツかったです。しかしなんとか3ヶ月弱毎日穿きこむことができました!

最初は1ヶ月経過したときにセカンドウォッシュを考えましたが、ぐっと堪えて80日!たかが80日!それでも80日!

ここからまた数ヶ月は穿きこむ予定です。次に経年変化の報告するときは色落ちも幾らか進んでいると思いますのでもう少し面白い記事になると思います。

それでは今回はこの辺で。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タツキ
アメカジ歴二十年のアメカジをこよなく愛する男タツです。関西出身で1979年生まれ、365日ほぼジーパン履いてます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デニログ , 2018 All Rights Reserved.